家族全員が納得してお金の使い方を決める

家計においてお金に余裕があるときは、そのお金の使い方を家族で相談することが大切です。誰もが納得することができる使い方を見つけることが出来れば、もめることもなく良い結果を得ることができます。家計においてお金を使うとき、家族によっては子供に対してのお小遣いとして使うことがあります。お小遣いというのは家庭によってどのくらいの金額にするのかはかなり差があります。やはり、裕福な家庭になると金額は大きくなる傾向があります。お小遣いは子供の年齢に応じて金額を決めることが一般的です。中学生の場合は毎月5000円前後、高校生になると10000円以下という家庭が多く見られます。このお小遣いの金額を決めるとき、少なすぎても子供がかわいそうですし、多すぎてもゆとりがありすぎるものです。妥当な値段を家庭でしっかりと相談して決めると良いです。また、一定の金額を先に決めておき、それ以上の金額を条件付きにするというお小遣いの決め方もあります。例えば、家庭で掃除など仕事をすることで、金額をアップしたり、学校での成績が良くなると金額をアップするなど、努力をすることがお小遣いが増えるという考え方は子供のためにも良いものです。

コメントは受け付けていません。