教育資金の準備

教育資金というものは、学校の進学が決まっている場合は待ったなしでかかってくるものです。子供を養育していくお金は人数分倍々でかかっていくものではありませんが、教育費は人数分しっかりかかります。ここで大事なのは必ず進学のイメージを持っておいて、いくらかかるかシュミレーションしておくことです。高校まで公立でそのあと私立大学へ進学する場合と国立へ進学する場合でも、かなり変わってきます。もちろん中学や高校から私立にすればその分お金はかかります。まず子供がどんな学校へ進学を希望しているのかを、きちんと話し合っておくことです。それによってしっかりと資金を貯める準備が整います。あとは自分で貯めることが難しい場合は、学資保険などを利用して強制的に貯めて行くことも考える必要があります。学資保険は子供が小さいうちから貯めていけば、保険料の負担も少なくてすみます。まずはいつから必要でいくら貯める必要があるか、具体的な金額を把握しておくことが大事になってきます。それを保険でまかなうのか貯蓄でまかなっていくのか、または併用して考えて行くのか具体的な数値で決めていくことできちんとした準備ができます。また資金に関して子供にもオープンにしていくことが、お金の大切さが分かるので大事なことです。

コメントは受け付けていません。