教育資金を貯められる貯蓄重視型の学資保険がオススメ

子ども1人を育てていくために必要なお金は2千万とも3千万ともいわれる中、子どもの将来にむけて学資保険という商品が人気を集めています。

とはいっても、幼少期に公立の学校に通う際にそうしたまとめた資金が必要なわけではありません。
備えておくべきは私立高校や下宿を伴う大学進学時の資金です。
この頃までに少なくとも300万円は資金を用意しておかなければ、家計が苦しくなります。

ここで貯蓄重視型の保険を利用するという方法が賢い選択といえます。
子どもが生まれる前から加入できる保険もありますし、月々数千円からコツコツと貯めることで、定期預金とは比べ物にならないほどの返戻があります。
商品によっては年払いという選択ができ、よりお得に保険料を納められるものもありますし、兄弟割引が適用されるものもあります。
返戻の時期についても、大学入学時に一括、卒業時に一括、進級時に随時など選択の幅も多岐に渡ります。

また、これらの保険の多くは契約者に万一のことがあった場合、以後の保険料は免除されることも魅力のひとつです。
養育者に何かあったとしても、子どもの選択肢を狭めたくないと願う親の気持ちに応えてくれる頼もしい保険ですので、児童手当を普通預金に何となく入れておくなどせず、ぜひ保険加入を検討してください。

コメントは受け付けていません。