貯蓄重視型と保障重視型

子供の教育資金はものすごい費用が必要です。
まだ子供が小さいという親御さんは、あまり実感がないでしょうが、
将来の子供のために、学資保険を早めに考えておく必要があります。
まだ先の話だから大丈夫と安易に考えていると、将来子供が進学するときとても苦労することになります。
医療保障重視型の学資保険は、支払った保険料よりも、
満期時にもらえる保険料がかなり少なくなるのが特徴です。
なので最近は、子供の医療保障はできるだけ掛け金の安い商品にして、
将来の教育資金の足しになるような、貯蓄重視型の学資保険を選択する家庭がおおくなっています。
この保険の特徴としては、子供の入院時の保障や親になにかあった時の保障よりも、
支払ったお金より、たくさんのリターンを得たい家庭向けの保険といえるでしょう。
それだけ将来の教育資金が、多く必要だと感じている親御さんが多いということです。
貯蓄型の学資保険を選ぶポイントとしては、やはり辺戻率が高いことが重視されています。
いろんな保険会社から、この貯蓄型学資保険はでているので、
じっくり家族で検討してみることが大事です。
それでもなかなか決められないという方は、保険の専門のファイナンシャルプランナーに相談してみてください。

コメントは受け付けていません。